小さな箱庭で絶望して疲れて

それが世界のすべてに思えて


泡のようにぱっと消えてしまいたいと
何度も繰り返す

 

 

そんな毎日の中で

 

世界は思いの外広くて
私は狭い世界で固定観念に縛られて
生きてきたんだと気がついたとき

 

ほんの少しだけ

前に進めそうな気がしてきた

 

小さな世界で絶望して

諦めるにはまだ早い

何故なら私が知っているのは

広い世界の

ほんの僅かな部分なのだから

 

 

    死に急ぐな若者よ!

 

 

自分の中の常識が

他者にとってそうであるとは限らない

 

常識を押し付けること

それに縛られ続けることは不幸だ

 

重要なのはその背景を知ること

 

 

 

 

そんな事を考えた誕生月の夜