JR東日本は27日、整備新幹線で建設中の北海道の新函館−新青森と、北陸新幹線の長野−金沢が開業後に、東京−大宮(さいたま市)間のダイヤの過密を緩和するため、大宮駅発着の列車の運行を検討する考えを示した。同日開かれた民主党の会合で、JR東日本の担当者が説明。JR東日本側は「線路の増設は工事費が膨大になり現実的ではない」と指摘。お盆や年末年始など繁忙期に運行を検討していくとした。

こういうブログを読む方なら新宿−大宮間には上越新幹線としての別線計画が存在していることはご存じだろうけど(まあ本当に完成したら東北も両方運行するんだろうけど)、それはなかなか厳しいということのようで。

大宮発着にして、新幹線リレー号を復活するんですね、わかります。と冗談を言いたくもなるが、今なら在来線普通にもグリーン車あるし、新幹線のグリーン券保持者は無料で乗れる特典をつけるなどの誘導策をとる手はある。